増えている病気

日本人患者が増えている潰瘍性大腸炎とは?

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜が炎症を起こし、ただれた部分がびらんや潰瘍状態になってしまう病気です。 最初にあらわれやすい症状として、粘血便・下痢・腹痛などがあります。 今までは欧米人患者がほとんどで日本人の患者数が少なかったのですが、食生活の変化によって日本人の患者数が増えている病気です。 潰瘍性大腸炎を発症しやすいのは20〜30代の比較的若い時期ですが、人によっては50〜60代でも発症することがあります。 潰瘍性大腸炎の原因として考えられているのは、腸の免疫反応が異常になってしまうことです。悪いものを排除するために働くはずの免疫細胞が過剰に働きすぎてしまい、それが自分の大腸粘膜を攻撃してしまうことが一つの原因として考えられています。

潰瘍性大腸炎になってしまったら

潰瘍性大腸炎かどうかを検査するには、大腸内視鏡検査を受ける必要があります。 患者に多くみられるのが、大腸粘膜全周に炎症が広がってしまっているケースです。炎症が生じている場所ごとに診断が変わります。直腸のみ炎症ならば直腸炎型、直腸〜大腸左半分の炎症ならば左側大腸炎型、大腸全体の炎症ならば全大腸炎型、と診断されます。 潰瘍性大腸炎が厄介なのは、緩解期と再燃期を繰り返すことです。一度良くなったように感じると気が緩んでしまうものですが、油断せずに定期的な検診を受けるのが望ましいです。 また、食生活でも脂っこいものや繊維質の多いもの、香辛料、アルコール類は避けた方が良いとされています。 また、ストレスを溜めないことも大切です。